スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きょうかん

ゴールデンタイム番外 百年後の夏もあたしたちは笑ってる (電撃文庫)ゴールデンタイム番外 百年後の夏もあたしたちは笑ってる (電撃文庫)
(2013/01/10)
竹宮ゆゆこ

商品詳細を見る


久々におっぱ…じゃなくて本の話。
表紙があまりにおっぱいすぎて、結構買うの恥ずかしかったんですが、AV借りるときのごとく至極真面目な文庫本に挟んで、レジのお姉さんに突き出してやりましたなんてことは一切なく、ふつーにアマゾンにお世話になりました。
ちなみにマジレスするとりふどらはあんまりAVは借りませ、…何を言ってるんだ俺は。


竹宮ゆゆこ先生のゴールデンタイム。新刊の番外編
竹宮ゆゆこ先生っていったら、とらドラの原作者ってのが一番有名なんじゃないでしょうか。
りっふーもそっちから入った側だしね。ちなみに自分は少数派であろうみのりん派。でも一番良い子はあーみんだと思う。

りふどら何気に女性作家さんがめちゃくちゃ好き、というかすごい感性に合っているというか。
辻村深月さんっていう去年直木賞も獲っちゃった作家さんと同じくらいにどハマりしている。

で、今回の本の話なんだけど、とりあえず短編集みたいなもので、そのうちの一編が『彼氏を悩殺したいから水着を選ぼうとして、そのまま酔っぱらってgdgdになる』って話。ヒロインが超ないすばでぃだから、当然おっぱい回です。

はみでた横乳下乳狭間乳、乳輪ラインをギリギリで攻めろ。とか、そーいう表現がずかずか出てきて、女二人の会話なわけで、当然もうなんというか越えてはいけないラインを最初から越えているような展開。

それはそれでいいんですけどね、おっぱいが嫌いな男の子はいません!
ただ、せーよくに支配されるだけじゃなくて、そこでの会話シーン(容赦のないガールズトーク)にりふどらはすさまじく共感を覚えて、そしてへこまされたというわけですよ。

カップル同士の、なんというか微妙な関係。もうちっと大事にしてほしいのに、肝心の彼氏は何考えてるかわからない。どうしてあーいう行動を取るのか。彼氏には彼氏の理由があって、でもそれが伝わってなくて。

という完璧からは程遠い、リア充の隠された脆さというかね。
おっぱい回の中に、そういう心にグサリと来る展開が仕込まれてるわけですよ。
これはあれか俺を殺す気かと、俺を凹ませたいのかと。ってか、こういう状況、俺も結構あるぞと。

まあそういうデジャヴ感? あー、この話わかるわー、という共感?
こーいう感覚を味わえるから、なんというかこの人の本は好きなんですよ。
ぶっちゃけ、大学生活楽しんで彼女もいるって人には、すっげえ楽しめる一冊だと思う。逆に言ったら、リア充ってこんなくらいにめんどくさいんだぞ、っていうね。

ちなみに前の番外編では、中二病で二次元な男の心を完璧に破壊した作者さん。
レビューだと『オタクは読むな』とまで書かれて実際、マジで容赦なかった。
俗にいうオタクという分類に属している彼らが心の底でそっとしまいこんでいる傷みたいなものを手加減なしでほじくり出しております。こわいねー。

『わからない他人を上から目線で裁くばっかりで、一度でも、一瞬でも、てめえの理解度を疑ったことは?』

この台詞でちょっと震えが止まらなかった。

努力、友情、勝利も好きだけど、
やっぱり、りふどらはそういう誰しもがもってる共感を引き出してくれる本が好きなのですな、と改めて思いましたとさ。

「何でわかるの?」「どうしてこの人は俺の悩みをしってるの?」

みたいなカタルシスよね。たまらんわ。



ってな締めで、今日はおしまい。
はよアマゾン行って全巻買ってきなさい。面白いから。
スポンサーサイト

きんどる

Kindleってご存じでしょうか。
いやはや、りふどらも全然書けない状態続いてまして、もういいやってことで本を読むことにしました。

で、Kindleの話。
いわゆる、電子書籍ってやつです。社会人になってからというもの、なんかこう移動手段がやたらと時間かかるんですよね。
東京へだったら二時間、実家帰るなら三時間ってな具合に。

だからこそ本が必要不可欠なわけで、根っから本の虫、加えて困ったらamazonというりふどらには好都合ってことで、実は購入しとりましたKindle。

amazonのサイトで本を購入するわけですが、値段的には変わらないかちょっと高め。ただし、ビジネス本だったり、自己啓発本だったりはえらい安くなったりするので、もっぱらビジネス本のストックが多かったのですが、ちょっと↑のような事情もあったので、本格的に文庫だったり、ラノベだったり買ってみました。

ちなみにkindleでの読みにくさというのはほっとんどありません。普通の本と何ら変わらずすらすら読める。
まあ、ちょっと先が気になってペラペラってのはできないですけども・・・。

読むわ。決めた、りふどらはまた本を読みます。

書けない…。

書けないわ、書けなさすぎて、書けないわ(りふどら心の一句)
いやーね、ここまで書きたい書きたい思っても、PCの前に来るとやる気がなくなるこの現象、どうしたらいいんでしょうね!

仕事?仕事のせいなの?今週はねちょっと忙しいのでね。書ける気しないのよ。
もうなんというか、モチベ上がるのをただ待つしかないね。

モチベよ、来い(名曲

りふどらん家のおべんとう

一人暮らしを始めてはや9ヶ月。
借りた家の居心地があまりに良すぎるので、そろそろ異動が怖いりふどらでございます。

さてさて、りふどらは弁当男子9か月目です。
ただ単に料理が嫌いではなく、かつスーパードケチなので、食費もとい生活費をなんとか減らしたいねってことで、職場には常にお弁当を持参するようと決めておりました。

だってあれですよ、毎日毎日コンビニ弁当って考えてみてくださいよ
一日500円吹っ飛んで、それに×20ですよ? 1万円ですよ!? 

というドケチ根性を発揮して、なんとか9ヶ月、その決まりごとは現在進行形で実行中なわけなのですが、
そろそろりふどらも次のステップに進むべきではないのかと考えておるのです。

今のレベルを振り返りながら、ちょっと今後のお弁当計画を建てるんやで!

続きを読む

ネタはない。なのでがうがう



ネタはない。されど好きな曲はある。
ちょうどスピーカーみたいなもの買ったので、洗い物してるときとかによく流してます。

作業にならん。とりあえず、がうがう。

すのーぼーど

りふどら、スノーボードにはまりました。
社会人の給料、もとい冬のボーナスを最大限搾取し、学生にはできぬクレジット一括払い、しかもお財布にはまだ余裕がある的なドヤ顔スタイルで、なんとまあ一式揃えてしまうくらいにはまってしまいました。

 



で、ボード買ったった。
バートン。スノボメーカーといえば!みたいなのでたいがい出てくる有名メーカー(りっふーもちゃんと勉強して知ったんだよ!)
まあ、ナイキみたいな想像でいーんじゃないのかな(いいのか?
総額10万くらいしましたが、かな~りまけてもらいました半分近くまでは…うん。





ゲレンデ。
このわくわく感たまんないよね。




絶景。もっと上いったら富士山とか余裕で見えたよ。
なんとか一日くらい練習したらそれなりくらいにはてきとーに滑れるようになったので、なんかね超楽しい。

とりあえず週末とかにボード抱えてナイター行ってます。
趣味になりそう。

あー、あー

あー、どうもお久しぶりです。
何か月ぶり? なんか変な内容書いてそのまま放置してたようなような。

えっと、なんだっけ。2012年はいろいろありましたね。
ブログがね唐突に止まって、まあ何があったかっていったら…。ってことでいろいろ振り返ってみましょ。



8月末:
働いていたら、唐突に『異動なんだけど…』と店長から。そこからりふどらの怒涛の半年がはじまる。

9月~10月:
異動先であたふたあたふた。慣れるまではそりゃもう大変で大変で。しかしこの時点で、実は次の異動先は決まっていたという。ちなみにこのときの異動先でりふどらのレベルはもう抜群にあがりましたとさ。

11月:
二度目の異動。入社一年目で三店舗目というなんだそりゃ展開。
何気に、同期入社の中でも噂になってたみたいで、支社長からは「やたら振り回されてる新人」という認識が。

12月:
異動先。つまりは現在の店舗で、年末戦線突入。
残業など絶対するかと活きこんでいたりふどら。しかし12月の労働時間は余裕の200時間越え。
コミケ編集作業大爆発。仕事→編集→仕事→編集 の毎日。一か月ってこんな早かったのね。

現在に至る。

つまりはこの数ヶ月は仕事に振り回されてたってことです。お粗末!
プロフィール

りふどら

Author:りふどら
物書き新社会人。これでも17歳。

数々の留年の危機を乗り越え、新社会人として巣立とうとして右往左往する。そんなブログです。おもに小説、ゲーム、音楽、たまに雑学。そんな感じの記事をあげていきます。

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ついったー
読み終わった本!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。