スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンバス旅行~二日目~ 後編(1)

今日の雨は凄かったようですね。私の県ではそれほど降ってはいなかったのですが、
愛知県のニュース見てびっくりしました。
地震といい、今回の雨といい、ほんと自然の力は恐ろしいものです。

そんな話つながりで、ライブ報告後編です。今回死ぬほど長いので要注意です(笑)
さてさて、壮絶な開幕モッシュで激しい洗礼を浴びてしまった我々ですが、
その後は比較的落ち着いていました。何せ、出てくるアーティストがスガシカオさんとかですから、
平和にならざるを得ないんですね。そんなところで暴れたら、それこそ空気読めになりますから。

そんな中、一際目立っていたのがサンボマスター。
MC、つまりは曲の合間の喋りがとにかく上手い。人の心を掴むのが上手く、また乗せるのも上手い。笑いも当然あり、場内の盛り上げ方は他のバンドを遥かに上回っていました。

ファンのノリが完全にシンクロするという素晴らしい光景を遠くの丘から眺めていました。
うん、あれはほんとに凄かった。
持ち時間完全オーバーもあえて無視するというノリに、会場は爆笑の渦でしたね(笑)

そして、ついに事件は起こりました。

お昼の休憩をはさんだのちに、出演してくるバンド、BEAT CRUSADERSのライブ中、事件勃発です。

はい、雨です。それも猛烈なな土砂降りです。
目すら開けてられないというとんでもない豪雨の中、私は何をしていたのかというと…。

最前列ど真ん中で暴れていました

はい、馬鹿です。雨とかどうでもよくなってました。

コンタクトが流れそうなのを必死で押し留めようとしているのですが、さすがに最前列ど真ん中。
開幕洗礼時とは比較にならないモッシュが巻き起こっていたのです。
おまけに豪雨。私も含めて、もう雨なんかどうでもいいって感じで、全身ずぶ濡れになりながらの大暴れでした。

そしてそれが終わり、豪雨の中、急いでシート席に戻りました。
ってか、シートも当然屋外ですから、もう行っても荷物とか何もかもがずぶ濡れなのはわかりきっていましたが。

しかし、そこでとんでもないことに気づいてしまいました…。

私のずぶ濡れのズボンのポケットに、

携帯電話が…

取り出してみると、びしょびしょでした…。
しかし、なんとか操作はできました。そのときは。
ですから急いで表面を拭って、シート席に戻り、気休め程度にタオルで包みました。

結論からいいますと、

携帯は死にました

その後、うんともすんとも言わなくなりましたよ。アハハハハ。


orz


携帯が死んでいるにも関わらず安心していた私たち一行。
そしてそこからの私はエネルギー補給をかねて、大トリ一個前までシートで静かに観賞してました。

そして大トリ一個前のACIDMANになると、我々全員は溜めていた体力をほぼ使い切る覚悟で、
再び最前列へと突撃。でないと大トリのELLEになった瞬間、そこはELLEファンに埋め尽くされるからです。

はい、ACIDMANは普通に感動しました。
CDで聞いてはいたのですが、あの歌唱力を生で聞くとマジで惚れます。

暴れて楽しんだのではなく、完全に曲と雰囲気に魅せられた感じ。
歌詞のメッセージ性が痛いほど伝わってくるような。まあ完全にその世界に飲まれちゃったってわけです。

周りも感動したと言っていました。雰囲気的には、おそらくこの時が最高でしたね。全体を通しても。

で、ついに来ちゃいました。大トリのELLEGARDEN!!!

ってかですよ!

人YABEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!

なんじゃこりゃあああああ!!!! って感じの人人!!!

会場全体がすべてステージに雪崩れ込んできた、そんな感じです。
演奏が始まってすらいないのに、もう身動きが取れません。空気もやたらと薄い感じ。

皆、やはり狙いは同じだったようです。最後になるかもしれない彼らの雄姿を是非この目にしたい。

誰しもが思うことですよね。あ、ようやく彼らが姿を見せまs


ってぎゃああああああああ!!!!!!!!!!!


痛い痛い痛いっ!! う、後ろ押すなぁ!!! ってか耳元で叫ぶなぁぁ!!!!


と、まあこんな感じに、演奏すらしていないのに異常な盛り上がりを見せる最前列。
もう嫌な予感しかしません。『モッシュ、ダイブは危険ですのでお止め下さい』の看板がかすんでみえます。


というわけで演奏開s


ぎゃああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!


え~、あのときのモッシュは思い出したくもありません……。
ってかそのオマケに皆さん全曲熱唱ですからね…。
やっぱり皆さん超ド級のELLEファンばかりですから、当然歌詞も丸暗記というわけです。

それが耳元でキンキンキン。女の子の頭に私の肘が食い込むは、
やたら濃厚なファンが我先にと人を押しのけるわ、頭突きはされるはで、もう思い出したくないです。

あのときの子、ごめんなさい・
 
酸欠、鳩尾に肘、吐き気、滝のような汗、タックルなどなどは標準装備です、ちなみに(笑)

内容に関しては、ええ、泣きました。普通に泣きました。
全10曲ほどのそこそこ長いライブでしたが、選曲が空気を読みすぎていました。

盛り上がりも半端ではなく、周りは終わりが近づくたびに涙を流す人が増えていたと思います。
私の体力もとっくに限界突破、視界がかすんでクラクラなのに、
それでもまだ楽しみたい。終わって欲しくないって気持ちになって、いつのまにか泣いてましたね。

ある曲で「こいつら(ファン)の顔がみたい」ってボーカルの人が言った時、照明が一度にこちらを照らすんですよね。
そしたら前のモニターに我々が映ったんですよ。もう溢れんばかりの大群衆でしたが、あのときの一体感は忘れられません。

『Make a wish』という曲なので、一度聞いてみてください。ラスト一分が勝負です(笑)

観客全員の「ありがとう」んときは、号泣ものでしたね。
そして最後は、とっくの昔にはぐれていた友人たちと、がっつり握手と抱擁。
聞ききったってのと、終わっちゃったっていう寂しさと、良く生きていたなという安心 ですね(笑

感動、としか言えないそんな演奏でした。もう観れなくなるのかもしれないと思うと、寂しくて仕方ありません。

ほんとにありがとうです。また帰ってきてくれることを祈っています。


ってなわけで!! ようやくようやくようやくライブ一日目が終わったのです!!
まだ終わりません。ライブは二日間あるのですから!!!!

というわけで放心状態になっていた我々も、帰るという行動を取らねばならないのです。

そうしてタクシー争奪戦争は幕を空けるのですが…

いい加減、長すぎるので今回はここまでということで許してください、お願いしますorz
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りふどら

Author:りふどら
物書き新社会人。これでも17歳。

数々の留年の危機を乗り越え、新社会人として巣立とうとして右往左往する。そんなブログです。おもに小説、ゲーム、音楽、たまに雑学。そんな感じの記事をあげていきます。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ついったー
読み終わった本!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。