スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出

どうやら高校時代に試合用で使っていたプールが廃止になるようです。
結構驚きながら、高校の友達と話してたわけなのですが、
そんな友人からのとある一言から、嫌な記憶を思い出してしまいました。
プールというくらいですから、まあお気づきでしょうけども、自分は高校時代は水泳部にいました。
上の大会に出るようなレベルではなかったので、それなりに目立つ輩でもなかったですけどね。


しかしこの部活生活もなかなかに波乱万丈で、高校生活と言われてまず思い出すのがこの部活のできごとです。
死ぬ気で入った高校なのに、いつの間にか部活馬鹿になっていて、その所為でテストのたびに泣いてました(笑)


そんな感じなのですが、どうやら同級生が覚えている私とやらは、
やはり高校二年での出来事が一番インパクトあるそうなのです。


そりゃそうですよね。県予選を病欠したんですから。
ところがただの病欠ではなかったんですね。ただの病欠ならこんなに印象に残りませんよ。
あれは間違いなく陰謀でしたから(笑)


謀られました。学校に。詳細を追いますと、
プールって基本的に常に水を入れ替えているから綺麗さを維持できるんですよね。
うちのも同じで、そういう機械が置かれていたのですが、その機械の製造年月が、


1930年


ん??


まさかの戦前?? 
とまあ激古を通り越して、軽く歴史の教科書レベルの時代まで超えていたのです。


当然、ぶっ壊れました しかも僕らの代に。
おかげで水の取替えができずに、そのまま維持が決定……。


ここからがまさに地獄でした。見る見るうちに透明だったはずの水が、いつのまにか真緑に…。
苔が生え、藻が沸き、あげく水中には蛙まで入ってくる始末。
こんなのまだ序の口で、ある日、とうとう前すら見えなくなる程水がにごってしまいました。


それでもそこで泳ぎ続けてたわけですよ。しかも予選前だから練習もとてつもなくハードで、
毎日重い身体を気合で動かしながら練習してたのです。
でもですよ。折り返しが来てさあターンだと思って壁蹴ったら、


にゅる。


あああああああああ


そしてある日バタリと倒れてしまったわけです。それがまあ長引いてしまって、軽く一週間は学校休んでました。おかげで皆勤賞の夢は高校二年で潰えることに。


症状もかなりひどくて、もう熱出まくりに加えて、猛烈な吐き気と下痢の連発。
一時間に一回の割合で、もう胃液しかないのに出るわ出るわ。


はい、ノロウイルスです。
思いっきり、現在の自分の専門分野ですよね。


そんなこんなで大事な県予選を病欠し、先輩も引退してしまい、テンション最悪で復帰したら、
プールが使用禁止になってました。


なんだよ、それって感じですよね。使用を差し止めたのは、教育委員会。
機械を買う金も、水を入れ替える金も出せないから使用禁止というのが理由でした。


これで結構問題なったんですよね。やたらと苦情も来てたらしいですけど
でも近くに別の学校があって、


「近くにあるんだからそこ使えばいいじゃん♪」


という理由で最終的にはあちらがわに押し切られました。
それでも、そこで良い出会いがたくさんあったので、もう文句は言わないですけれども…って感じです。


最後の年はその学校のプールで一年間練習し、僕も引退となったわけです。
それっきり僕の高校では、一度たりともそのプールは使用されたことはないようです。


はい、もう、


完全なネタです。しかも自虐的な類の(笑)
でも、笑い話で話してみたら、結構空気が重くなってしまうものなんですね。
大学の友人らに酒の席で話してみたら、真剣に心配されました。


今はほっとんど気にしてないので、この話も適当に笑いながら見てください。
ああ、教育委員会とかは今でも大嫌いですけどね(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りふどら

Author:りふどら
物書き新社会人。これでも17歳。

数々の留年の危機を乗り越え、新社会人として巣立とうとして右往左往する。そんなブログです。おもに小説、ゲーム、音楽、たまに雑学。そんな感じの記事をあげていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ついったー
読み終わった本!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。