スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局のところ

KAGEROUKAGEROU
(2010/12/15)
齋藤 智裕

商品詳細を見る


前に言ってたとおりに普通に借りれました。『KAGEROU』
今日の研究はかな~り待ち時間が長かったので、集中して読むことができまして、

一時間で読破。
……う~ん、ほんとにあっという間だった。

とりあえず、読んだ感想なりを。
ネタバレっぽくなりそうかも&長くなるかもしれないので、以下略

まあそこんとこよろしくですw


~~~~~~~~~

う~ん、やっぱり薄っぺらいんだろうか。と思いました。
本自体も200pないのに、1pに対する文字数がすっごい少ないですし。

ページ数もなんですけど、内容も「およよ」って感じがそこそこ。
読んでる側がとにかく置いていかれるってのがすごいありました。

A「実は○○なんです!(○○があるんです!)」
主人公「え、そうなの!」

が、ひたすら繰り返される感じ? 
SFチックな題材がわんさか出てくるんですけど、そこの説明はほっとんどないものだから「いいのか!? それでいいのか主人公!?」状態に。

テーマだって「命」を強調しているはずなのに、きっかけとか人物の内面とか動機とか、その辺を本当にさらっと触れるだけような感じだったので、「伝える・訴える」って部分が、すごいもったいない感じがしました。

もっと面白くしたり、読んだ人を「ああ…!」ってうならせることって全然できそうな題材だと思います。


でも、そこまで悪いものかなぁとは思うんですよね。


オチはわたしは好きでしたw 
ん? って立ち止まる部分もあったけど、このラストは普通にぽかぽかできますよ。


やっぱり、書いた人は全然悪くないよね。別にふざけてもなかったですし。
レビューでいろんな人が書いている『大賞なんて受賞しなければ普通に読めたのに』って意見はわたしも思いました。

純粋な読み物としての価値が、別のものに置き換えられてしまった時点で、この作品はもう『小説』ではなくなってしまったのかも。
そういうのってすごい残念ですし、いろいろ複雑です本当に。



>零さん
最近は素晴らしい更新速度だと感心するが、何もおかしくはない。
ブロント語ってよくわかってないですが、何か人を惹きつける魅力がある気がする。

さて、いいですね、読書。
読書は人を豊かにする。と思う。
まあ、大学に入ってからは一般書籍はほとんどノータッチの私が言えたことではないかもですが。



つまり、それだけ暇だということ、スミカ(ry >更新速度
人を惹きつける…。ジュースを奢ってやろう的な意味ですか? 九本でいいですw(ぇ

読書いいもんです。
零さんも、ラノベばかりじゃなくて他にも挑戦してみましょうよ。ってか紹介して(ぇ
そういう話あんまりしてこなかったので、ちょくちょくバギコには顔出してくださいね~w
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

よし、ならば「北方謙三」を読め。まずは三国志と水滸伝だ。
もう読まれたかも知れませんが、ハードボイルドではかなり有名な作家さんで、零のお気に入りです。

バギコにはまたお邪魔いたします。
プロフィール

りふどら

Author:りふどら
物書き新社会人。これでも17歳。

数々の留年の危機を乗り越え、新社会人として巣立とうとして右往左往する。そんなブログです。おもに小説、ゲーム、音楽、たまに雑学。そんな感じの記事をあげていきます。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ついったー
読み終わった本!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。